HOME 早徳病院のご案内
診療科目一覧
外  科
内  科
整形外科
乳腺外科
人工透析
肛 門 科
放射線科
麻 酔 科
リハビリ
初診の方へ
人工透析
透析室からのご案内
患者様へのワンポイントアドバイス

早徳病院のご案内
入院のご案内
療養病棟のご案内

診療科目
乳腺外科

 増えている乳がん

わが国では、乳がんは年間4万人近い、1,000人に一人の割合で増加しています。
女性のライフスタイルの欧米化によって、高脂肪の食生活による肥満、初潮の低年齢化、晩婚・少子化に伴う初潮から第一子出産までの延長化が罹患率の上昇に大きく影響していると言われています。

女性のがん罹患率のトップといわれています。
癌の部位別年齢調整罹患率の推移
癌の部位別年齢調整罹患率の推移
拡 大

 乳がんの初期症状

乳がんの好発部位は乳房を4つに分けた外側上部に約半数を占め、そのまた半数が内側上部に発生します。1個の乳がんの細胞から自分で触知可能な1cm位のしこりになるのに10年近くかかります。
その90%が痛みを伴わないしこりで、10%位は乳頭からの異常分泌(多くは血性)や皮膚のえくぼ症状などで、40歳代にピークがあります。


 乳がんを早期に発見するには

早期乳がんとは、しこりの大きさが触診上、2cm以下でリンパ節転移や遠隔転移の無いものを言います。
日頃から自己検診、集団検診や専門医療施設で定期的に検診を受けることが大切です。早期発見・早期治療によって命を落とさなくてすみます。

診断技術の向上、改良で非触知乳がんがマンモグラフィで微細石灰化像として見つかるようになりました。

乳がんレントゲン写真

 診断の方法は

視・触診が基本ですが検診に、エコーやマンモグラフィが取り入れられる以前は、非触知乳がんの発見に限界があって、術後成績は頭打ちになっていました。
とくにマンモグラフィが導入され、非浸潤性乳管がんに多く見られる微細石灰化像が認知され、マンモグラフィ読影も認定試験制となって診断も向上し ました。
さらに細胞診、組織診と病理学的に確認します。
乳がんの診断手段
問診
視・触診
マンモグラフィ(レ線検査)
エコー(超音波検査)
乳管造影(乳頭異常分泌)
細胞診、 腫瘍マーカー
生検(組織学的検査)

 マンモグラフィ検診

増加している乳がんの早期発見に威力を発揮するマンモグラフィの最高機種を当院はご用意して皆様の検診をお待ちしています。マンモグラフィの撮影にはに女性診療放射線技師を配置して技術の向上に努めているところです。
当院でのマンモグラフィは、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定、検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師が撮影しております。
マンモグラフィー写真

 早徳病院からのお願い

早期に乳がんが発見されれば、手術も乳房温存手術や胸筋温存手術ができます。右の図は病期別の生存率(市民病院での成績)です。病期が早いほど術後成績が良いことがわかります。
早徳病院では平成17年7月から、乳腺外科を開設しました。
この度、専門の超音波装置と最新のマンモグラフィ装置を用意いたしましたので、乳腺にしこり、痛み、乳房にくぼみ(えくぼ)のあるひと、乳頭から異常分泌のあるひと、腋の下にしこりのあるひとはお気軽にご相談ください。
乳癌の病期別生存率(1989-2000)
乳癌の病期別生存率

 担当医プロフィール

松原 長樹
資 格: ・日本外科学会指導医
・日本消化器外科学会指導医
・日本消化器癌外科治療認定医

診察日 / 月曜日(午後) 14:00〜16:00(予約制)
      火曜日(午前) 10:00〜11:20(予約制)
         (午後) 13:00〜16:00(予約制)
      金曜日(午前) 9:20〜11:20(予約制)

)

ページの上部へ

交通アクセス 求人情報 プライバシーポリシー サイトマップ

医療法人 早徳病院
〒500-8367 岐阜市宇佐南1丁目8番1号
TEL.058-272-3253/FAX. 058-273-6375