HOME 早徳病院のご案内
診療科目一覧
外  科
内  科
整形外科
乳腺外科
人工透析
肛 門 科
放射線科
麻 酔 科
リハビリ
初診の方へ
人工透析
透析室からのご案内
患者様へのワンポイントアドバイス

早徳病院のご案内
入院のご案内
療養病棟のご案内

診療科目
放射線科

当院で使用している放射線機器をご紹介します。

 マンモグラフィ 日立LORAD MARK−IV

乳がんは食生活の欧米化により年々患者数が増えており、
日本人女性の23人に一人が乳がんに罹患するであろうと
予測されています。
検診もさかんになり、乳がん検診では従来の視触診、
超音波検査に加え早期乳がんを発見する為にマンモグラフィ
はかかせない検査になってきました。
当院では少ない被爆線量でかつ高画質が得られる装置を導入し
受診者にやさしい検査を目指しています。
マンモグラフィ1回の被爆線量は、東京〜ニューヨーク飛行中に浴びる自然放射線の約半分です。
当院でのマンモグラフィは、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定、検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師
が撮影しております。
マンモグラフィー 日立LORAD MARK−4

 マルチスライスCT 日立メディコ 64ch 128slice Multislice SCENARIA

当院のマルチスライスCT(MDCT)は、1回転0.35秒、0.625mm
という薄いスライスで64断面を一度に撮影できる
マルチスライス検出器を搭載し、広い範囲を短い時間で撮影
できるため、より細かな立体映像を撮ることが可能です。
またX線被爆時間が大変短く、患者様の負担軽減になります。

 オープンMRI 日立メディコ APERUTO Lucent

当院のMRIは、ベッドの両側が320度開いたオープン型MRI
のため、ドーム型MRIより音が大変静かで小児やご高齢、
閉所恐怖など検査が受けれなかった方でも安心して検査が
受けられます。

 デジタルX線透視撮影装置 日立medites−FIT

透視装置のデジタル化により胃透視、大腸透視(注腸)等の
消化管検査、血管造影等の撮影画像がすぐに確認できるシステムとなりました。
また画像のデジタル化に伴いDSA(デジタルサブトラクションアンギオグラフィー:血管造影)などの画像処理が可能となり
骨との重なりのない鮮明な血管像が提供できるようになりました。
当院での胃透視検査は、日本消化器集団検診学会認定、
胃がん検診専門技師
が撮影しております。
デジタルX線透視撮影装置 日立medites−FIT

日立アロカメディカル
     Pro Sound α5  超音波診断装置(心臓・腹部一般)  写真上

     Noblus(心臓・腹部一般・乳腺・血管・甲状腺)    写真下

高集積デジタルフロントエンド搭載装置です。 
超音波検査はゼリーを塗り、プローブを動かすことによって、各臓器を検査するもので、各臓器の断面がリアルタイムで表示されます。
音を使うので体への負担が少なく、検査に痛みを伴いません。
放射線を使わないので、繰り返し検査が可能です。
心臓超音波検査では、大動脈弁・僧房弁・三尖弁・肺動脈弁・左房・右房・左室・右室の動きや血流を見ます。
上腹部超音波検査では、肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓・消化器(胃・大腸・虫垂)や腹部大動脈およびその周囲のリンパ節等を
見ます。
骨盤腔臓器である膀胱や生殖器(男性:前立腺、女性:子宮・卵巣)を見ることもあります。
超音波検査により、心不全、弁膜症、微小肝がん、胆のうがん、膵がんなどの早期発見が可能です。
ALOKA:ProSound α5 超音波診断装置(心臓・腹部一般)



ページの上部へ

交通アクセス 求人情報 プライバシーポリシー サイトマップ

医療法人 早徳病院
〒500-8367 岐阜市宇佐南1丁目8番1号
TEL.058-272-3253/FAX. 058-273-6375