HOME 早徳病院のご案内
診療科目一覧
外  科
内  科
整形外科
乳腺外科
人工透析
血管外科
放射線科
麻 酔 科
リハビリ
初診の方へ
人工透析
透析室からのご案内

早徳病院のご案内
入院のご案内
療養病棟のご案内

診療科目
放射線科

当院で使用している放射線機器をご紹介します。

マンモグラフィ

Senographe Pristina  GE ヘルスケア

当院でのマンモグラフィは、日本乳がん検診精度管理中央機構認定の女性診療放射線技師が撮影しております。

当院ではデジタルマンモグラフィ(乳房X線診断)装置を設置しています。この装置は患者さんが出来る限り快適な検査を受けられる様に工夫されています。また、フラットパネル型デジタルディテクタを採用する事で、少量のX線量で質の高い画像を撮影でき、高い病変描出能力をもっています。

最近日本でも乳がんにかかる女性が急増しています。乳がんは早期発見、早期治療を行うことで、他のがんに比べて治りやすいがんです。

自己検診を心がける習慣も必要ですが、マンモグラフィで自己検診では発見できないほど微細な早期のがんを確実に見つけることが治癒につながります。

 セノグラフィ プリスティーナの特長

・患者さんの不安や負担を和らげる機能性を備えたやわらかな
 デザインのマンモグラフィです。

・スピーディな画像表示より、短時間で検査が終わります。
・質の高い画質で小病変の描出に威力を発揮します。






マルチスライスCT

64ch 128slice Multislice  SCENARIA   日立製作所


当院のマルチスライスCT(MDCT)は、1回転0.35秒、0.625mm
という薄いスライスで64断面を一度に撮影できる
マルチスライス検出器を搭載し、広い範囲を短い時間で撮影
できるため、より細かな立体映像を撮ることが可能です。
またX線被爆時間が大変短く、患者様の負担軽減になります。

Open MRI

APERUTO Lucent  日立製作所

当院のMRIは、ベッドの両側が320度開いたオープン型MRI
のため、ドーム型MRIより音が大変静かで小児やご高齢、
閉所恐怖など検査が受けれなかった方でも安心して検査が
受けられます。

デジタルX線透視撮影装置

CUREVISTA 日立製作所

この装置により、消化管検査、血管造影等で、これまでよりも更に高画質・低被ばくでの検査が可能となりました。

また、PTAに代表される各種治療手技を考慮した設計となっているため、テーブル上やテーブル周りに広いワークスペースを確保でき、患者様が直接横になるベッド部が、上下左右に動くことのない特殊な透視撮影装置であるため、検査の安全性が飛躍的に向上し、より快適な検査環境の構築が可能となりました。

 キュアビスタの特長

・フラットパネル検出器(FPD)は従来に比べより少ないX線で広い
 視野の高精細画像が得られます。

・撮影した瞬時に(リアルタイムに)鮮明な画像が得られ胃や大腸な
 どの消化管撮影を始めとして血管造影、泌尿器系検査など様々
 な検査に用いられています。

・診断のほか、狭窄した血管の拡張術・ステント挿入などの治療にも
 用いられています。




超音波装置

ARIETTA 60   (写真上)     日立製作所
Noblus         (写真下)     日立製作所

超音波検査はゼリーを塗り、プローブを動かすことによって各臓器をリアルタイムに検査する事ができます。

肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓などの腹部領域、乳腺、甲状腺、頚動脈などの表在領域左右の心房心室、大動脈弁や僧房弁などの心臓領域を診断することが可能です。

 写真上のARIETTA60(アリエッタ60)は、従来の画像処理に加え、深部感度がさらに良くなっており、体格の良い方にも威力を発揮する技術を搭載しております。

また、表在領域では、良性か悪性かの診断に有用な、硬さの情報を色で表示させエラストグラフィー(乳腺外来にて使用)も搭載しております。

 超音波検査により、心不全、弁膜症、微小肝がん、胆のうがん、膵がんなどの早期発見が可能です。



        乳がんは、エラストグラフィーでは硬いため、青色に表示されます




ページの上部へ

交通アクセス 求人情報 プライバシーポリシー サイトマップ

医療法人 早徳病院
〒500-8367 岐阜市宇佐南1丁目8番1号
TEL.058-272-3253/FAX. 058-273-6375