HOME 早徳病院のご案内
診療科目一覧
外  科
内  科
整形外科
乳腺外科
人工透析
血管外科
放射線科
リハビリ
初診の方へ
人工透析
透析室からのご案内

早徳病院のご案内
入院のご案内
療養病棟のご案内

診療科目
血管外科

 バスキュラーアクセスセンター

早徳病院は透析医療の黎明期より腎不全患者さまの日常を支える、地域に根差した病院をめざして診療してまいりました。近年、医療の進歩により透析治療が長期化し、命綱ともいえる透析シャントを専門的に管理する必要性が一層増してきました。そのため これまで血管外科医として透析医療に長年関わってきた経験を活かし、自院の患者さまだけでなく、広く岐阜地域の透析患者さまのお役に立てるよう、シャントの管理、治療をおこなってまいります。

即日対応:速やかなシャントの回復を目指します。必要であればご紹介いただいたその日に治療致します。

日帰り手術:自己血管シャント、経皮的血管形成術などは基本日帰り手術で対応いたします。人工血管シャントは3日間の入院を基本としています。

使いやすいシャント:穿刺部位を考慮した使いやすいシャント、またシャント閉塞をした場合の次のシャントを考慮した長期的視点にたったシャント作成を目指します。


バスキュラーアクセス手術(透析シャント手術)

透析装置と体の血管をつなぐ手段をバスキュラーアクセスといいます。それらの中に、自己血管シャント、人工血管シャント、動脈表在化、尺側皮静脈表在化、一時的透析カテーテル、長期留置型透析カテーテルなど様々な方法があります。

 その中の代表的なものが透析シャントです。シャント英語:とは日本語訳で “分岐”とか“短絡”と訳されます。心臓から送り出された血液が流れる動脈と、心臓へ血液の帰る静脈をつなぐ吻合することによって静脈に流れる血液量を増やす手術のことをシャント手術といいます。通常肘より先にいく動脈上腕動脈の安静時の血流量は100ml/分以下ですが、安定シャントができると500-1000ml/分の血液が流れるようになり、血流量の増えた静脈は太くなり針が差しやすくなります。安定した透析を行うには1分間に150-200mlの血液を透析装置へ導く必要があります。良いシャントとは針が刺しやすく、十分な血液量がとれ、長持ちするシャントです。術前に、エコーなどでよく診断し、長期展望に立った良いシャントを目指します。自分の血管で作成できる場合と、血管(静脈)が荒れていて人工血管を使用せざるをえない場合があります。また、心臓の機能が不良な場合や 動脈硬化が強くシャントの作成が困難な場合もあります。それぞれの症例に合わせて最良の方法を提案させていただきます。


経皮的シャント血管形成術・血栓除去術

使用しているシャントは 毎回血液を抜くためと、返すための2本の針(カニューレ)を刺します。使用しているうちに、シャントは炎症や内膜増生などの様々な理由により、狭いところができたり、血栓ができたりして流れが悪くなったり、詰まってしまったりします。シャントが使えなくなると 透析ができなくなりやむを得ず太い血管にカテーテルを入れて透析を行うなどの処置が必要となります。

            

異常が疑われる場合は、エコー検査やシャント造影を行って状態を把握して シャントを使い続けるための治療が必要となります。シャントに針を刺してカテーテルを挿入して狭いところをカテーテルについた風船で内側から膨らませる血管内治療を行ったり、血栓除去をしたりします。その方法を“経皮的シャント血管形成術PTA・血栓除去術”と言います。当院ではシャントに異常が認められた場合 速やかにPTAを行える体制をとっています。

シャントケア

 
 透析をより長く続けていくためには一度できたシャントをいかに長く使っていくかが必要です。問題が起こるたびに新たなシャントを作っていては すぐに使える血管がなくなってしまいます。そのため日常からシャントを診てゆく“シャントケア”が必要です。日ごろからシャントの流れる音を聞く、シャントの形態の変化を見逃さない、透析中の回路内の圧や流量の変化を見落とさないなどの注意が必要です。

異常のある時はもちろん、異常に気が付かない時でも定期的にエコーを用いた検査を受けて、問題を早く見つけることが長持ちをさせるにはよい手段です。

当院の患者さまに限らず、他院で透析中の紹介患者さまでも 当院で定期的に診察をうけている方もお見えになります。シャントに不安があり、当院受診を希望される方は、透析管理をされている主治医とご相談されて御受診してください。

 医師紹介

村川 眞司

murakawa kyobusinzokekkangeka

バスキュラーアクセス(シャント)手術・血管形成術

下肢静脈瘤血管内焼灼術(レーザー治療)

主な資格、認定

日本外科学会指導医・専門医 
日本心臓血管外科専門医・手練指導医 
岐阜大学高度先進外科学臨床准教授
腹部ステントグラフト治療実施医・指導医
胸部ステントグラフト実施医
下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医

卒業年、主な職歴

昭和57年岐阜大学医学部卒
岐阜大学医学部附属病院(講師)
岐阜市民病院診療局長・胸部心臓血管外科部長

平成46年ドイツ・ギーセン大学 心臓血管外科留学(手術研修)

ページの上部へ

交通アクセス 求人情報 プライバシーポリシー サイトマップ

医療法人 早徳病院
〒500-8367 岐阜市宇佐南1丁目8番1号
TEL.058-272-3253/FAX. 058-273-6375