HOME 早徳病院のご案内
診療科目一覧
外  科
内  科
整形外科
乳腺外科
人工透析
血管外科
放射線科
リハビリ
初診の方へ
人工透析
透析室からのご案内

早徳病院のご案内
入院のご案内
療養病棟のご案内

診療科目
下肢静脈瘤治療(血管外科)

 下肢静脈瘤血管内焼灼術(レーザー手術)

当院血管外科では下肢静脈の診断、治療も行っています。

末梢血管用のエコー検査(ドップラーエコ―)を用いて、丹念に壊れた(不全となった)静脈を見つけ、主にレーザーファイバーを用い血管内治療で、 針を刺すだけの小さな傷で、再発の少ない手術を行っています。当院で使用している“波長1470nm ELVeS レーザー装置”は保険適応です。

下肢静脈瘤の原因は?

血液はどのように静脈を上って、心臓に戻ってゆくのでしょうか? 静脈には血液が逆流しないように弁が付いていて、脚の筋肉が動いたときに静脈を圧迫して血液を順次上に押し上げてゆくのです。 深いところにある静脈(深部静脈)は筋肉に囲まれていますが 皮膚の下の浅いところの静脈(表在静脈)は周囲に筋肉がなく、血液が戻りにくいのです。妊娠、肥満、立ち仕事などで、静脈に圧がかると、弁の合いが悪くなり、壊れ、血液が下腿に逆流し、うっ血が始まります。 これが静脈瘤の原因です

静脈瘤の症状は、血液の逆流により脚の“うっ血”が起こることによります

うっ血が起きると下記のような症状が出ます。 1の外見的な凸凹だけでは手術は必ずしも必要ではありませんが、2以下の症状が重くなるほど治療の必要性が増します。

1.     見た目の凹凸

2.     脚のだるさ・こむら返り

3.     血栓性静脈炎(静脈瘤の中に血栓のしこりができて 赤くはれて痛む)

4.     皮膚炎・かゆみ

5.     色素沈着、黒ずみ

6.     びらん・潰瘍形成

治療の目的は、逆流を止めて脚の“うっ血”を防ぐことです。 従来、壊れた静脈を針金を通して引き抜く手術(ストリッピング手術)が最も根治的と言われていましたが、それと同等の効果を レーザーで内側から静脈を焼くことで実現したのが下肢静脈瘤血管内焼灼療法です。レーザーで焼くのは 下腿の凸凹した静脈瘤でなく、弁が壊れて逆流を起こしている表在静脈です。 針を刺す小さな傷で、低侵襲で安全にできる治療です。 壊れた静脈は皮膚の下を走る表面の静脈であり、この静脈を焼きつぶしても筋肉の間を流れる太い静脈が残っており、脚の血流状態には問題ありません。

  

また レーザー手術は壊れた静脈の逆流を止める手術ですが、 逆流が止まっても下腿の拡張した静脈のこぶは膨らみが小さくなっても残ります。 その部分は2-3mmの小さな傷で瘤となった静脈を切除する“スタブ・アバルジョン”という方法できれいにします。 あるいは後日、薬剤を瘤の中に注射して瘤をつぶす”硬化療法”を行うこともあります。

静脈瘤があっても、必ず手術が必要ではありません。超音波検査で逆流の状態を詳細に把握し、症状との兼ね合いで決定します。また、レーザー手術は安全な手術ですが手術後早期の血栓の有無に注意する必要があり、専門的な知識が必要です。 30年以上血管外科の専門医として活躍してきた経験を活かし、適切な治療法を提示します。まずは、お気軽に受診、ご相談ください

 医師紹介

村川 眞司

murakawa kyobusinzokekkangeka

バスキュラーアクセス(シャント)手術・血管形成術

下肢静脈瘤血管内焼灼術(レーザー治療)

主な資格、認定

日本外科学会指導医・専門医 
日本心臓血管外科専門医・手練指導医 
岐阜大学高度先進外科学臨床准教授
腹部ステントグラフト治療実施医・指導医
胸部ステントグラフト実施医
下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医

卒業年、主な職歴

昭和57年岐阜大学医学部卒
岐阜大学医学部附属病院(講師)
岐阜市民病院診療局長・胸部心臓血管外科部長

平成46年ドイツ・ギーセン大学 心臓血管外科留学(手術研修)

ページの上部へ

交通アクセス 求人情報 プライバシーポリシー サイトマップ

医療法人 早徳病院
〒500-8367 岐阜市宇佐南1丁目8番1号
TEL.058-272-3253/FAX. 058-273-6375