医師紹介 Doctor Introduction

信頼されるバスキュラーセンターとして
岐阜の透析医療に貢献したいと考えています。

岐阜の基幹病院で心臓血管外科医として透析医療とかかわり、透析アクセスの作成・治療などを行ってきましたが、次第に院内だけでなく、他医療機関からの相談・診療依頼も多く受けるようになりました。現代の透析医療は単なる血液浄化だけでなく、栄養・ホルモン・微量元素のバランス調整など内科的管理が中心となり、シャントの作成・管理は専門施設に依頼されることが多くなっています。急性期病院ではシャントの治療だけに特化して行うことは困難で、岐阜医療圏で日常的にシャントケア・治療を行うセンターの必要性を強く感じ、2019年4月当院にバスキュラーアクセスセンターを開設しました。
自院・近隣の透析施設の患者さまだけでなく、入院病床を持つ点を生かして、遠方の患者さまも広く受け入れています。信頼されるバスキュラーセンターとして岐阜の透析医療に貢献したいと考えています。

早徳病院 医師村川 眞司

村川 眞司

主な資格・認定Qualification

  • 医学博士
  • 日本外科学会専門医
  • 日本心臓血管外科専門医・手練指導医
  • 岐阜大学高度先進外科学臨床准教授
  • 腹部ステントグラフト治療実施医・指導医
  • 胸部ステントグラフト実施医
  • VIABAHNステントグラフト実施医
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医

経歴Career

1982年
岐阜大学医学部卒 岐阜大学第一外科入局
1983-1986年
厚生連養老中央病院 外科
1986-1998年
岐阜大学医学部附属病院第一外科(講師)
1992-1993年
ドイツ・ギーセン大学 心臓血管外科留学手術研修
1998-2019年
岐阜市民病院 (診療局長・胸部心臓血管外科部長)
2019年4月より
現職